書道とデジタル彩書の紹介と日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水木しげるさんを惜しむ

<<   作成日時 : 2016/01/01 04:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年11月末に水木しげるさんが93歳で亡くなられた。
水木さんは我が町、調布市に住んでいらして名誉市民でもありました。
ご出身は鳥取の堺港市ですが、調布のほうが長いのかしら?

あの「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ〜♪」で始まるゲゲゲの鬼太郎、子供たちが楽しみに見ていました。
懐かしい〜。大人の私でもゾクッとするような漫画でした。
戦争で片腕を失くしたにも関わらず、漫画の仕事に全精力を傾けて
本当に頭が下がります。生前のインタビューを見ましたが漫画家の仕事というのは
本当にハードなんですね。売れれば売れるほど。ペンで描いているところを拝見すると
本当にアナログな仕事なんですね。こりゃ〜大変な事だ、と思いました。

調布を走るミニバス(コミュニティバス)は鬼太郎の絵が描かれているんですよ。
ちょっと乗ってみたくなります。
画像


画像


調布の深大寺には「鬼太郎茶屋」が出来ています。

画像


画像


水木さん、楽しい夢をありがとうございました。
戦地での過酷な経験・・・戦後70年の年に亡くなられたこと
そして安保法制が成立したこと、無言の意思表示ではないだろうか???
合掌

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
野薔薇さん、明けましておめでとうございます!
私も2014/9の車中泊旅行で境港の記念館等を回って来ましたので、訃報を聞いた時、とても残念でした!
水木しげるさんのご冥福をお祈りいたします。
そして、吉永小百合さんが紅白の中で仰っていた言葉を胸に、これからの日本が、ずっと戦後であり続けることを願っています。
何故か?反戦の言動が行政や官庁や芸能界にバッシングされるようになりましたが、上手い表現をされるなぁ・・・と感心致しました。
本年もよろしくお願いします!
宮星
2016/01/01 18:41
宮星さん、新年のご挨拶が大変遅れて申し訳ございません。今年も何卒よろしくお願い致します。

そう言えば宮星さん、境港にいらしたのですよね。
私、水木さんは単なる漫画家ではないと思っています。亡きあと「水木しげる伝(上、中、下)と「敗走記」を読んだのですが、二等兵として毎日殴られ屈辱的な扱いをされ、また実際に敵と戦う様子を
克明な描写力で描いています。美術学校でひたすらデッサンをした、ということですから素晴らしい絵です。上官、戦友の表情は漫画的ですけど、実際の作戦の様子、怖い敵の動き、爆弾の中を逃げまどう様子など臨場感あふれる表現です。良くTVで戦争に行った人が話しているのを見ましたが、やはり言葉では語りつくせないのではないでしょうか。
私は戦後ではなく戦中の事を、今の日本人がもっと
もっと深く知るべきだと思います。
水木さんの漫画は水木さんの遺言だと思っています。

私、二度と言論の自由が奪われることのないよう祈っています。これが一番恐ろしいです。
野薔薇
2016/01/17 00:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
水木しげるさんを惜しむ 書道とデジタル彩書の紹介と日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる