テーマ:平家物語

驕れるものは久しからず

アクセスありがとうございます。 母が生前仮名を習っていた○○家山先生のお手本が未だに残っています。 母が習っていたころは私はそれほど書道に興味がなく(子供ころに習ってはいましたが)母が一生懸命練習したものを亡くなってから見直していました。男性の仮名なのでどこかに力強さがあっていいな~と なんとなく眺めていたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛者必衰の理

祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理を顕わす 驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し。  猛き人もついに滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 平家物語のおなじみの書き出しですが 私はこの中の 「 盛者必衰の理 」 と言う言葉が大好きなのです。 これほど 人間の理、いえ、宇宙の理というの…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more