テーマ:深大寺

深大寺だるま市

だいぶ遅いUPになってしまいました。 3月3日、4日は恒例のだるま市。 4日に次女と行ってきました。 晴れて暖かい日だったのでものすごい人出でした。 鬼太郎茶屋 毎年同じような写真ですみません。 でも深大寺は本当に自然がいっぱいで東京都は思えない環境です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デジタル書ー「樹」

樹(じゅ)と書いて深大寺の樹をデジカメで写したものを背景に 「デジタル書」にしてみました。 2010年12月に深大寺でデジタル書の個展を開催しました。 その最終日の帰りに木々が夕方の空に美しく映えていたのが印象的でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初詣

2日。恒例の初詣はいつもの深大寺 深大寺は夜のほうが面白いのでいつも午後5時ごろに行きます。 駐車場から樹木の道を落ち葉を踏みしめながら10分ほど歩いて行くのが 心地よいです。カサコソ…カサコソ 本堂に着きます。無事を祈って・・ おみくじは3人は吉で長女は末吉 門前の賑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深大寺だるま市

3月3日、4日は恒例の深大寺だるま市です。 毎年主人と子供たちと行っていたのですが、昨年からは子供たちとだけです。 4日に次女と車を飛ばして行ってきました。 月曜日ではありましたが大賑わいでした。 本堂に置いてある大きなだるまさん、背丈は1.5mくらいありました。 出店がたくさん出て子供たちがた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初詣は深大寺

2日に深大寺へ初詣に行ってきました。 車で15分。子供3人を乗せて。 主人もいつも一緒でしたが一昨年のお正月が最後になりました。 寂しいです。 深大寺:多摩川に添って走る武蔵野の丘陵、その一角に樹林と湧水に囲まれて深大寺はあります。旧寺領だった都立神代植物公園を含め、都心からもっとも近い、武蔵野の面影を残す憩いの場所…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

命日

昨日25日は主人の月命日でした。 11月と言えば2010年の今頃は12月16日からの深大寺の個展に向かって 私は展示する作品に創作に没頭していたものです。 出来た作品を主人にいろいろ批評してもらって。。そうだ!作品を入れる額を選びに 新宿の世界堂に一緒に行ったっけ。 これがまた一苦労でした。作品に合う額を一つ一つ選ぶのって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨年の今頃は・・・・

昨年の12月16日~21日 我が町調布市深大寺にてデジタル書の個展を開催したのでした。 一昨年の銀座の個展に続き、元気だった主人は準備段階から一生懸命 手伝ってくれました。その半年後に癌が発見され、その4ヵ月後にこの世から いなくなるなんて誰が想像したでしょう。「無常」を身をもって感じます。 深大寺は毎年新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヤメの紫

昨年の今頃深大寺に行った時に撮った菖蒲の紫のぱっとした美しさが思い出される。 主人も勿論一緒だった。もう暗くなっていたので紫の艶やかさが一層浮き出た。 食道に癌が出来ている(生えている感じと主人は言う)なんて夢にも知らなかった。 これを「紫」と書いてデジタル書作品にしてみようと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深大寺だるま市

昨日は展示会準備の仕事でとても疲れてしまったので休養。 今日は少し良くなったので、気晴らしに深大寺へ。 毎年恒例のだるま市です。 今年は、木、金だったので人出はあまり多くは無かったようです。 主人と娘と車を飛ばして10分。 でも、ちょっと遅くなったので、だるま屋さんは店じまいを始めている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル書ー「仏」

「仏」の書をデジタル書にしてみました。 深大寺に行ったときに本堂の前で手を合わせていた男女が印象的でした。 ご夫婦でしょうか。何をお願いしていたのでしょうか。 とても印象に残りましたので、作品にしてみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デジタル書ー「舞」

遅くなりましたが、昨年12月の深大寺個展に出品した作品です。 春になる前にupしておきましょう。 北陸の大雪は大変そうです。 しかし東京はカラカラに乾燥しています。 淡雪の一つも欲しいところです。 作品は淡雪の舞をイメージしてみました。 個展では軸装にしてみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成功裡に終わった深大寺個展

深大寺個展は好評のうちに終了しました。 深大寺はNHKで最近映すのでツアーのバスで来たお客さんが立ち寄って下さったり 5年前の立川の個展の時にいらした方が再度ご来場くださったり、 ケーキ屋さんでの個展を観た方が再度お友達を連れてきてくださったり 本当にうれしかったです。小学校、中学、高校、大学の同期生も駆けつけてくださって ミ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

深大寺個展始まりました!

16日から深大寺個展始まりました。(曼珠苑ギャラリー) 初日は寒~~い日で人出もあまり多くなかったのですが 昨日は暖かく晴れたので択さんの方がギャラリーに入って来られ 嬉しい悲鳴です! 皆さん「きれいですね!」「書が素晴らしい!」「色彩が素晴らしい!」と 感嘆の声しきりでした。作者としても嬉しい限…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲゲゲの深大寺でデジタル書の個展を!いよいよ16日(木)からです!

いよいよ16日(木)からです 調布市深大寺は武蔵野の自然豊かな素晴らしい環境の中にあります。 幼いころから、私たちは群れをなして遊びに行ったものです。 現在も気分が沈んだ時、嬉しい時、何かにつけて訪れます。 本堂の前で手を合わすだけで、気分がさわやかになるのです。 不思議なオーラを持ったお寺です。 その深大寺の前のバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デジタル書ー「菖蒲」

5月のテーマは「あやめ」でした。 わが町調布市深大寺の水生植物園に咲いていた菖蒲です。 雨に紫の菖蒲は日本ならではの情緒ですね~
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初詣

今日はもう二日ですね。 午後からというより夕刻から我が町調布の深大寺へ恒例の初詣に行ってきました。 ここは夜のほうが楽しいので、いつも遅くなってしまいます。 しかし何故か今年は人が少なく一寸淋しかったです。 去年より寒かったからかしら。 夜のほうがいいのはお焚き上げの炎が浮き立って見えるので・・ でも、今年は燃や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深大寺だるま市

3日の日に深大寺のだるま市に行ったのですが 写した写真うっかり削除してしまって(>。<) 沢山のだるまさんを撮ったのに残念です。 ケータイで写したのをupしますがぶれていてすみません。 買ってきた達磨です。本当はお坊さんが左目に 阿吽のアという字を梵字で書き入れてくれるのですが並んでいるので帰ってきてから 自…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

神代植物公園のスイセン

友人の矢田部さんが神代植物公園(調布市)に咲いていたスイセンの花の 写真を送ってくださいました。 早くも春が来たようでうれしい!! 凛とした美しさですね 矢田部さん、いつも有難うございます。 スイセンの花を観ていると心が暖かくなります。 花言葉何方か教えてください。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

初詣は深大寺

調布市深大寺に初詣に行ってきました。 本堂です。お賽銭を投げています。沢山千円札が見えました。 お線香の煙を体にかけると病気にならない。 おみくじを皆さん真剣になって読んでいます。 夜店が沢山出ています。楽しいですよ。 藁葺きの山門です。私はこの山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

深大寺散策

GWは込んだ所には行きたくないので 深大寺へ行ってみました。 今まで余り気がつかなかったのだが 「グリーンギャラリー」と言うのがあったのだ。 といっても絵を飾ってある場所ではなく 緑の植物が沢山あるのです。 イングリッシュガーデンのようでもあったり 日本庭園が混じっていたり お花があったりです。   とにかく緑が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深大寺のだるま市

毎年3月3日、4日は調布の深大寺のだるま市が開かれます。 正式には深大寺厄除元三慈恵大師大祭と言います。 慈恵大師様の遺徳をたたえる御縁日です。 だるま市は江戸中期ごろが始まりとされています。 関東3大だるま市で、東京、神奈川、高崎のだるまが集まり 200店舗が境内や寺の外に出展します。 明治の終わりごろには、国領な…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初詣は深大寺

元日は寒く、昨日は雨、で今日〔3日)にやっと 初詣に家族で行ってきました。 調布市深大寺へ。子供の頃からだるま市へは毎年 行くので馴染みの場所です。 いつものとおり、去年のだるまをお焚き上げしてもらって (もしかしたらだるまさんはだるま市のときにしたほうが良かったのかな) 破魔矢とお守り、おみくじを引いた。大吉!!(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more